平和学をはじめてみませんか。

平和学L

7月21日

・安倍首相の出演した、フジテレビの番組を途中まで視聴しました。

・安保法制に関する説明

7月14日

・トランスナショナルなアクターとしての、NGOの役割

・赤十字国際委員会、国境なき医師団

・オタワ・プロセス

・人道的介入、「保護する責任」

7月10日(補講)

・ビデオは、NHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像:”平和国家”の試練と模索」をお見せしました。

7月7日

・ネオリベラル・インスティテューショナリズムの説明

・国際関係論における3つの論争(理想主義対現実主義、リアリズム対リベラリズム、合理主義対構成主義)

・ゲームの理論(囚人のジレンマ、チキン・ゲーム)

・核不拡散条約の2015年締約国会議の様子をビデオでお見せしました。

6月30日

・テキスト2章2節 古典的リベラリズムとネオリベラル・インスティテューショナリズム

・国際レジーム(次回、もう少し詳しく説明します。)

・ビデオは、貧困問題(IMFの構造調整政策)について、関係するものをみてもらいました。

6月23日

・ゲストスピーカーによる講義

6月16日

・翁長知事の訪米をめぐる評価に関するレポートを書いてもらいました。

・ポイントは、リアリズム(国家を中心とする安全保障の枠組み)と、リベラリズム(自治体外交のように、非国家的行為体が安全保障の問題にどの程度関与できるのか)を比較検討しながら、自分なりの見解を述べる点です。公欠の人は、manaba+Rにレポート課題を載せてあります。〆切は、2週間後の今月末の土曜日にしてあります。確認してください。

6月9日

・復習:古典的リアリズムとネオリアリズム

・リベラリズムの国際関係論への適用:アクターの多元化、イシューの多様化

・トランスナショナルな関係とは?

<次回:レポート>

翁長雄志沖縄県知事の訪米の評価をめぐって、新聞社によって、異なる評価がある中、訪米によって、どのような効果が期待できるのか(できないのか)、自治体外交の可能性と限界について論じる。(まずは、新聞報道を調べてくること。)

→参考となるHP:新外交イニシアティブ(翁長知事の訪米をアテンドした団体)の報告

6月2日

・国連PKO:第1世代、第2世代、第3世代、第4世代

・古典的リアリズムとネオリアリズム

・冷戦期の平和学:核抑止論批判

5月26日

・戦争の違法化

・集団的自衛権と集団安全保障の違い

・安保法制の説明をしてから、平常点レポート

・教育実習などで欠席した人は、manaba+Rに欠席した人用のレポート提出欄をつくるので、そちらにレポートを作成してください。

・次回使うプリントを配布しました。欠席した人や、来週の授業で持ってくるのを忘れた人は、こちらからダウンロードしてください。(パスワードはmanaba+Rの、欠席した人用のレポート課題のなかに書いておきます。)

5月19日

・システム・レベルの分析

・ウェストファリア・システムの成立、国家主権、内政不干渉の原則

・勢力均衡とバンドワゴン

・安全保障のジレンマと同盟のジレンマ

<予告>

・今月14日に安保法制の閣議決定が行われました。これを受けて、来週(25日)に、1回目の平常点レポートを、授業の最初30分で書いてもらいます。
安保法制とは?というところから調べはじめて、いったい、何が問題なのか(ありすぎるほどたくさんありますが、、、)、いくつもの問題点がある中から、自分が一番問題に思った点は何か、それはなぜなのか、どういう反論(政府や安保法制を推進する側からは、あるいは、反対する側からは)がありうるのかを論じ、最後に、自分なりの見解をまとめます。30分で書き切れるように、事前に調べて、記事などのコピーをするなりの準備をしてください。試験ではありませんので、友達と資料の貸し借り、相談などをしなければ、持ち込みは可。

5月12日

・国内政治レベル(政策決定過程)

①省庁間の権力の駆け引き

②中央政府対地方政府との関係

<予告>

日米防衛協力のための指針が発表されました。これを受けて、今月14日に安保法制の閣議決定が行われました。これを受けて、次回の講義に少し解説をして、その次の週(25日)に、平常点レポートを、授業の最初30分で書いてもらいます。新聞などのニュースによく目を通しておくこと。

5月9日(補講)

・DailyMotionによる動画視聴 →国際関係論における分析レベルのうち、「国内政治レベル」(政策決定論)に関する説明

・中央政府と地方政府との関係

・ゲスト・スピーカー:CEALs KANSAIによるメンバー

4月21日

・テキスト17〜18ページ:国際関係をみる4つのレベル(「分析レベル問題」と国際関係論では言われます)のうち、「社会の雰囲気」の事例として、「標的の村」(琉球朝日放送放映)をみました。

・システム・レベルについては、このページ下にある、『第2版 平和学をつくる』データ更新・補足・修正のページをみて、各自、自習すること。(5月9日の補講で説明します。)

4月14日

・平和学とは、どのような学問領域なのか、とくに、日本の平和学は、どのように発展してきたのか。(このHPのなかの、「平和学とは何か」の一連のページを参考にすること。)

・沖縄:翁長県知事と、菅官房長官との会談の様子を見ながら、辺野古の動き(1995年の少女暴行事件以降の動き)について解説しました。自分でも少し、調べてみてください。


『第2版 平和学をつくる』データ更新・補足・修正のページも参考にすること。

  • facebook

お知らせ

新しいHPを立ち上げました。

今までのHP(「平和学をはじめる」)に代わり、2015年度の講義にあわせて、新たにHP(「はじめる平和学」)を立ち上げました。 2014年度までの情報は、今までのサイト(旧HP)にあります。こちらをクリックしてください。 …

講義に関するお知らせ

(補講)教室変更

11月16日(水:土曜授業日)1限 国際政治学II(近大・経営学部) 21−534→21−315に変更

補講連絡

補講情報を、それぞれの大学(特に龍谷大学、近畿大学)で、若干動かしていますので、確認してください。講義のページの一番下に、一覧表にリンクがはってあります。

教室変更

教室の視聴覚機材の調子が悪いため、教室を同じ2号館120に変更します。(6月3日から)。

PAGETOP
Copyright © はじめる平和学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.