平和学をはじめてみませんか。

国際政治学I(経営)/国際政治学(経済):近大・水曜2限

7月22日

・前期内容の復習

・レポートを返却しました。

7月18日(補講)

・安保法制について

7月8日

・ネオリベラル・インスティテューショナリズム(復習)

・ゲームの理論(3章):囚人のジレンマ、チキンゲーム

・ゲームが1回で終わるのか、複数回(n回)繰り返されるのかの違い

・国際協調が可能な理由:学習効果、評判

7月1日

・国際的相互依存の進展:敏感性と脆弱性

・古典的リベラリズムとネオリベラル・インスティテューショナリズム

6月24日

・NHKスペシャル「自衛隊と憲法:日米の攻防」をみて、集団的自衛権が行使される場合とはどのような状況下を、南沙諸島の事例をもとに検討しました。

6月17日

・先週の予告にあるとおり、自治体外交の可能性と限界に関するレポートを作成してもらいました。

・教育実習など、公欠で休んだ人は、Wordでレポートを作成し、最後に参考文献(URLの場合は、閲覧日も明記すること)をつけて、メールで添付ファイルにて送信してくること。送付先については、事前に、問い合わせフォームからメールで尋ねてくること。

6月10日

・<復習>古典的リアリズムとネオリアリズム

・国際関係論にリベラリズムを適用する:①アクターの多元化、②イシューの多様化

・トランスナショナルな関係とは?

<次回:レポート>

翁長雄志沖縄県知事の訪米の評価をめぐって、新聞社によって、異なる評価がある中、訪米によって、どのような効果が期待できるのか(できないのか)、自治体外交の可能性と限界について論じる。(まずは、新聞報道を調べてくること。)

→参考となるHP:新外交イニシアティブ(翁長知事の訪米をアテンドした団体)の報告

6月3日

・国連平和維持活動のあゆみ:第1世代〜第3世代まで(テキスト序章参照)

・次回から、リベラリズムの系譜について

5月27日

・戦争の違法化

・集団安全保障と集団的自衛権の違いについて

・冷戦構造(二極システム)

5月20日

・分析レベル:システム・レベルの説明をしました。

・古典的リアリズムとネオリアリズム

・プリント配布。欠席した人はこちらからダウンロードすること。(パスワードを入力すること。以前、お伝えしたものです。)

5月13日

・復習:分析レベル

・DailyMotionのビデオをみて、国内政治レベルについて検討しました。

①省庁間の権力の駆け引き

②中央政府対地方政府との関係

<予告(平常点レポート2回目)>

日米防衛協力のための指針が発表されました。これを受けて、今月14日に安保法制の閣議決定が行われました。これを受けて、次回の講義に少し解説をして、平常点レポート2回目を、6月のところで、書いてもらいます。新聞などのニュースによく目を通しておくこと。(教育実習などで欠席予定の人は、授業中レポートで書いてもらった課題をここに載せますので、教育実習が終わったら、課題を自宅で解いて、教育実習あけの講義で提出すること。)

連休中の課題(平常点1)

次回の講義(5月13日)までの間に、国内で議論されるであろう、憲法問題、あるいは、安保法制について(おそらく、両者は関係しているので、両方を1つの社説に取りあげる可能性もあり)、意見の異なる新聞の社説を2つ取りあげ

1)表面と裏面にそれぞれ1社ずつコピーを貼り、貼った新聞の社説の横もしくは下に、それぞれの新聞の要約を200字程度で書く。(図書館でコピーしてもいいし、インターネットに掲載された社説をプリントアウトしてもよい。)

2)客観的なデータや裏づけをもとにした自分の意見を1200字程度で書く。(字数オーバーはかまわない。また、グラフや図を用いてもかまわない)

3)ワープロで作成した自分の意見は、A4の紙で印刷し、新聞の貼った台紙を上に、A4の紙を下にして、ホチキス留めする。

〆切は、次回の講義の最初(5月13日2限)。

4月22日

・テキスト1章1節

・「主権」の意味(国内政治の文脈/国際政治の文脈)

・勢力均衡:超大国の出現→国際システムの不安定化→戦争

例1)ユトレヒト体制:予定調和的に「勢力均衡が」図られる

例2)ウィーン体制:計略的に「勢力均衡」のしくみをつくる

4月15日

・分析レベル(テキスト16〜18頁)

・システムレベルのメリットとデメリット

・国内政治レベル(政策決定過程)

・社会の雰囲気:事例「標的の村」の一部を見ました。

・最終政策決定者の認識

4月8日

・政治とは何か

・アナーキーとヒエラルキー(テキスト9〜11頁)

・報道特集(2015年4月5日放映)を見ました。


『第2版 平和学をつくる』データ更新・補足・修正のページも参考にすること。

  • facebook

お知らせ

新しいHPを立ち上げました。

今までのHP(「平和学をはじめる」)に代わり、2015年度の講義にあわせて、新たにHP(「はじめる平和学」)を立ち上げました。 2014年度までの情報は、今までのサイト(旧HP)にあります。こちらをクリックしてください。 …

講義に関するお知らせ

(補講)教室変更

11月16日(水:土曜授業日)1限 国際政治学II(近大・経営学部) 21−534→21−315に変更

補講連絡

補講情報を、それぞれの大学(特に龍谷大学、近畿大学)で、若干動かしていますので、確認してください。講義のページの一番下に、一覧表にリンクがはってあります。

教室変更

教室の視聴覚機材の調子が悪いため、教室を同じ2号館120に変更します。(6月3日から)。

PAGETOP
Copyright © はじめる平和学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.