平和学をはじめてみませんか。

行政学A(前期:水曜・4限、スポーツクラス)

7月8日

・テキスト7章2節、3節

・公務員の人事管理

*前回のつづきを勘違いして講義してしまったため、次回は、テキスト6章に戻ります。

7月1日

・テキスト6章1節

・猟官制(スポイルズ・システム)、情実任用(パトロネージ・システム)、資格任用(メリット・システム)

・「新公共管理」について、復習しておくこと。

 

6月24日

・テキスト5章

・欠席した人への課題:地方分権一括法について、国から地方への権限の委譲、あるいは、業務の委託は、どのように変化したのかに注意してまとめてください。

6月17日

・郵政民営化に関する動画を視聴し、先週の予告通りのレポートを書いてもらいました。

・欠席した人への課題:10日の<予告>にあるテーマで、2000字以上のレポートを提出してください。最後に、参考文献を数冊明記すること。

6月10日

・テキスト4章2/3節

・欠席した人への課題:テキスト4章2節に挙がっている、「指定管理者制度」について、自分の住んでいる自治体、あるいは、近くの自治体のなかで、この制度によって運営されている公共機関(施設)を探して、民間ならではの運営の工夫がどのような点にみられるのか、考えて説明してください。

<予告>

次回は、「政府の失敗」によって、国営企業が民営化された事例を、事前に自分で調べてきた上で、公共サービスの民営化による功罪(成功していると言える点と、失敗している(不利益を被っている)点)を論じてもらいます。30分。

6月3日

・テキスト4章1節

・欠席した人への課題:「市場の失敗」と「政府の失敗」について、事例を挙げながら、説明しなさい。

5月27日(水)

・回収したレポートを採点して返却。レポート解説。

・ポツダム宣言と「戦後レジームからの脱却」

・集団的自衛権とは?

・安保法制にいたるまでの、日米防衛協力のあゆみ

・立法機関で制定された法律に基づいて執行されるのが行政。

・欠席した人への課題:安倍首相のいう、「戦後レジームからの脱却」とはどのようなものか、をまとめなさい。

→参考文献:新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

5月20日(水)

・テキスト2章2節、3節

・欠席した人への課題:「大きな政府」「小さな政府」について、具体例を挙げながら説明しなさい。

5月13日(水)

・テキスト2章1節

・欠席した人への課題:「市場の失敗」と「政府の失敗」を、実例を挙げながら説明しなさい。

予告(平常点レポート2回目)

・安保法制が、5月14日、閣議決定されました。今後、国会で審議が進みますので、ある程度、国会審議が進んだ段階で、2回目の平常点レポート(講義中)を課します(6月中旬から下旬を予定)。テレビや新聞を見ておくこと。なお、試合で欠席した人は、証明書と共に、ここに載せた課題を自宅で解いて提出すること。

連休中の課題(平常点1)

次回の講義(5月13日)までの間に、国内で議論されるであろう、憲法問題、あるいは、安保法制について(おそらく、両者は関係しているので、両方を1つの社説に取りあげる可能性もあり)、意見の異なる新聞の社説を2つ取りあげ

1)表面と裏面にそれぞれ1社ずつコピーを貼り、貼った新聞の社説の横もしくは下に、それぞれの新聞の要約を200字程度で書く。(図書館でコピーしてもいいし、インターネットに掲載された社説をプリントアウトしてもよい。)

2)客観的なデータや裏づけをもとにした自分の意見を1200字程度で書く。(字数オーバーはかまわない。また、グラフや図を用いてもかまわない)

3)ワープロで作成した自分の意見は、A4の紙で印刷し、新聞の貼った台紙を上に、A4の紙を下にして、ホチキス留めする。

〆切は、次回の講義の最初(5月13日4限)。

参考までに、『世界』2015年6月号(5月9日発売)に、安保法制の特集が予定されている。そのなかの、集団的自衛権問題研究会の執筆した論点は、パスワードをかけたページか、PDFにパスワードをかけて、掲載する。(時期がきたら。)

4月22日

・「新公共管理」とは。
<参考> 北大・種村先生のページにまとめてあります。

・猟官制、パトロネージとメリット・システム(資格任用制)

・欠席した人への課題:猟官制、パトロネージ、メリット・システムについて、政治学辞典や、行政学のテキスト(図書館にいろいろあります)などを調べてまとめてください。

・1章3節は各自読んでおくこと。次回は2章。

4月15日

・1章1節

・欠席した人への課題:1980年代以降、新自由主義の流れの中で、日本が、これまで国営で運営していたものが、民営化された事例を調べてレポートしなさい。

4月8日

報道特集(2015年4月4日放映)をみました。

・政治・行政二分論と官僚優位論について

<成績評価について>

・平常点:欠席は4回まで可。(5回以上は、授業回数の1/3を超えるので、試験の受験資格を失う)

・試合・病欠の場合:試合のときは、試合参加の届け(従来のもの)、病欠の場合は、診断書(病院の領収書)に加え、このページにアップされている、欠席した人への課題を解いてきたときに、公欠扱いにする。証明書がない場合、課題未提出の場合は、欠席とカウントする。

  • facebook

お知らせ

新しいHPを立ち上げました。

今までのHP(「平和学をはじめる」)に代わり、2015年度の講義にあわせて、新たにHP(「はじめる平和学」)を立ち上げました。 2014年度までの情報は、今までのサイト(旧HP)にあります。こちらをクリックしてください。 …

講義に関するお知らせ

(補講)教室変更

11月16日(水:土曜授業日)1限 国際政治学II(近大・経営学部) 21−534→21−315に変更

補講連絡

補講情報を、それぞれの大学(特に龍谷大学、近畿大学)で、若干動かしていますので、確認してください。講義のページの一番下に、一覧表にリンクがはってあります。

教室変更

教室の視聴覚機材の調子が悪いため、教室を同じ2号館120に変更します。(6月3日から)。

PAGETOP
Copyright © はじめる平和学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.