平和学をはじめてみませんか。

国際政治学II(後期・大谷大学・金4)

1月22日(期末試験)

1月15日

・核兵器不拡散レジーム

・(復習)国際レジームとは

1月9日(補講2コマ)

・新・映像の世紀(3):時代は独裁者を求めた

・中国訪問の報告

1月8日

・試験について(リアリズムの系譜について)、これまでの復習

・緊急事態条項

12月19日(補講2コマ)

1)冷戦後の日本の動き(自衛隊の海外派兵について)

2)戦争の違法化(テキスト1章2節)の説明:「正戦論」を中心に。

12月18日

・パリ合意について

・ネオリアリズムとネオリベラル・インスティテューショナリズムの違い

<レポートの件>

本来であれば、先週行う予定であったレポートは、残り時間数の関係から、任意で提出した場合に試験の成績にプラス10点(以内)の点数を、期末試験の点数に加点する方式に変更しました。テーマは、辺野古の話しでも、パリ合意の話しでもかまいません。最後の授業までにメールで提出してください。(いったん、お問い合わせのところから、メールを送ってください。折り返し、提出用アドレスから返信します。)

12月11日(休講)

12月5日(補講)

・12月4日の復習をしました。映像の世紀(第8集):恐怖の均衡をみました。

12月4日

・(復習)ネオリアリズム

・ネオリベラル・インスティテューショナリズムとは?:国際協調は可能。

11月27日(休講)

11月20日

・勢力均衡(ウェストファリア・システムと冷戦構造)

・古典的リアリズムとネオリアリズム

11月6日

・システム・レベルの復習、南西諸島の自衛隊配備と、南沙諸島をめぐる米中の動きについて、説明しました。

10月23日

・システム・レベルについての説明 →テキストの補足のページを参照すること。

10月16日

・辺野古の埋立承認取り消しを県知事が行ったため、辺野古の経緯をまとめた映像をお見せして、沖縄県と国家との対立がこれからどのような展開をみせていくのか、に関する問題提起をしました。

辺野古埋立承認取り消し(琉球新報号外)

10月9日(金・休講)

10月2日(金)

・ガイダンス

・辺野古と、東村・高江区のヘリパッド建設の現状について説明しました。

9月25日(金・休講)

9月18日(金・休講)

・テキストは、前期と同じテキスト池尾靖志編『第2版 平和学をつくる』(晃洋書房、2014年)を使います。

テキストの補足・追加のページ。

  • facebook

お知らせ

新しいHPを立ち上げました。

今までのHP(「平和学をはじめる」)に代わり、2015年度の講義にあわせて、新たにHP(「はじめる平和学」)を立ち上げました。 2014年度までの情報は、今までのサイト(旧HP)にあります。こちらをクリックしてください。 …

講義に関するお知らせ

(補講)教室変更

11月16日(水:土曜授業日)1限 国際政治学II(近大・経営学部) 21−534→21−315に変更

補講連絡

補講情報を、それぞれの大学(特に龍谷大学、近畿大学)で、若干動かしていますので、確認してください。講義のページの一番下に、一覧表にリンクがはってあります。

教室変更

教室の視聴覚機材の調子が悪いため、教室を同じ2号館120に変更します。(6月3日から)。

PAGETOP
Copyright © はじめる平和学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.